パソコンも年々低価格になってお買い求め安くなりましたね。 しかし、たくさんの商品のなかからお客様にどれをおすすめするか? 「安価だからおすすめ」 これでは芸がありません。 「お客様に満足していただけるパソコンを選ぶ。」これも私たちの重要な仕事のひとつです。 お客様から「どこのパソコンがいいですか?」とよく質問されます。 これが一見簡単そうで回答に困るむずかしい質問なのです。 各メーカーそれぞれよいところがあります。 やはりお客様の用途によって選ぶことが大切です。 ご利用になる環境やご要望をよく聞き、商品を選択していくよう心がけています。 さて、この低価格傾向の中、数年間値段帯の変わらない商品があります。 パナソニックのレッツノートシリーズがそれです。 長年レッツノートブランドとしてノウハウを蓄積し、いたるところに工夫がみられます。 ・長時間使えるバッテリー ・片手でももてるほど軽量 ・丈夫な外装 ・振動に強いSSD記憶装置 などなど 出張など仕事でパソコンを持ち運ぶことが多い方には「ひと味違うな」と実感していただけます。 おすすめしたお客様の満足度が非常に高く、あるお客様からは「あのパソコン値打ちあるわ。」といっていただけました。 (速いッ!動画で速度を体感してください。) 「値段ほど」といいますが、いい商品はそれなりにお値段がします。 しかし「高ければよい」というわけでもありませんし「安ければよい」のでしょうか。 「安い」という魅力は強力ですが、その背景は様々です。 業種はちがえどメーカーの低価格競争の末に中国餃子事件のようなことがおこったのではないか?と個人的には思います。 ともあれ、これからもお客様に気に入っていただける「お値打ち」な商品をおすすめできるよう今後も商品知識に磨きをかけたいと思っています。